薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

お酒は薄毛の原因になる!?

      2015/08/22

飲みすぎは、髪にも肌にもよくありません。
お酒を飲みすぎると、肝臓でアルコールを分解するために有害であるアセトアルデヒドが発生します。
これが二日酔いの原因にもなるですが。
この毒素を分解する際に、髪の主成分でもあるシスチンと呼ばれるタンパク質が使われます。
なので髪に栄養があまり届かなくなります。
また、高カロリーなアルコールは中性脂肪が増えて肥満を進行させます。
脂肪が増えると頭皮はべたつきやすく皮脂が詰まりやすくなります。
脂漏性脱毛症の原因にもなるので、お酒はほどほどにしましょうね♪

 - ヘアケアQ&A