薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

女性のホルモンバランスの乱れによる薄毛・抜け毛

      2015/08/16

女性

女性のホルモンバランスの乱れによる薄毛・抜け毛

急に髪の衰えを感じるのは、大体40歳前後からといわれています。出産や更年期といった女性ホルモンのバランスの崩れからくることが多いです。女性ホルモンのエストロゲンは、「髪を発達させ、髪の成長を持続させる」という働きがあります。女性ホルモンは、年齢と共に減少し更年期になるとさらにエストロゲンの量が低下します。

女性には、もともと男性ホルモンも備わっておりエストロゲンが低下すると、相対的に男性ホルモンの量が増えてしまうのです。

男性ホルモンの量が増える事で、女性も徐々に髪が細く薄くなっていくのです。このように毛髪とホルモンはとても密接な関係にあります。

又、最近は若い女性の方でも薄毛で悩んでいる方が増えています。この原因は、食生活の乱れ、睡眠不足やストレスなどによるホルモンバランスの乱れが原因と考えられます。

女性ホルモンは、繊細でちょっとした事でバランスが乱れやすいのです。薄毛で悩んでいる方は、まずは自分自分の食生活や生活習慣から見直してみましょう。

 - ヘアケアCOLUMN, 女性の薄毛