薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

常に肌から剥がれ落ちている?フケの正体っていったい何?

      2015/08/16

エチケットブラシ

私達の頭皮は、肌と同じ構造で約28日サイクルで生まれ変わっています。

一番下の基底層で常に新しい細胞が生まれ作られています。

この細胞は形を変えながら、上に押し上げられ有棘層、顆粒層、角質層と移動していきます。

最後に一番上の角質層にたどりつき角片となってはがれおちます。

この角片、すなわち死んだ細胞がフケの正体です。

肌でいえばアカと同じです。

常に肌から剥がれ落ちていますが、普通はごく小さいため目には見えないものです。

しかし、何らかの原因で頭皮のターンオーバー(肌サイクル)が早まり、未熟な細胞が生まれ完全に角化しないまま固まりとなって剥がれ落ちたり、頭皮の炎症や乾燥により細かいサラサラしたフケがでる場合があります。

これが一般的にフケ症と呼ばれるものです。

フケ症には、

  • 湿った固まりのフケ(脂漏性のフケ)
  • 乾いたサラサラのフケ(乾燥性のフケ)

この2種類があります。

頭皮の状態も両者全く正反対ですし、ケアの仕方も違います。

間違ったケアの仕方はかえって悪循環をひきおこしてしまいます。

フケ症でお悩みの方は、どちらの症状か確認しそれに合ったケアを心がけましょう。

 - フケ, ヘアケアCOLUMN