絶対に知っておきたい!白髪を増やす食品とは!?

年齢と共に気になる白髪。白髪は、メラニン色素を作り出す色素細胞の働きの低下が原因です。老化現象の一つでもありますが、最近は若い方に多く若白髪で悩む方が増えてきました。その原因は、日々の食生活の乱れが大きく関係しています。髪の栄養源は血液で、食べ物によって血液の質が悪くなると白髪も増えやすくなります。そこで、白髪の原因となる食べ物をご紹介します。

白髪の原因となる血液の質を悪くする食べもの

血液の質が悪くドロドロになると、色素細胞にも栄養が届かずメラニン色素を作る事ができなくなります。

1、砂糖、お菓子、パン、添加物や加工食品など(陰性の酸性食品)

食べものには、体を温める陽性食品と体を冷やす陰性食品があります。また、血液を酸化させドロドロにする酸性食品と血液をサラサラにするアルカリ性食品に分けられます。上記に挙げた陰性の酸性食品は、体を冷やす上に血液をドロドロにする食材となります。コーヒーやアルコールなど飲料なども含まれます。

2、お肉、油脂、ハム、ソーセージ、味や塩分の濃いもの(陽性の酸性食品)

これらの食材は、陽性食品で体を温める働きはありますが極陽のため(陽性の力が強い)血中濃度が高くなり体も酸性に偏りがちに。また、腸内環境の悪玉菌を増やすため腸内バランスも乱れやすくなります。ジャンクフードや外食が多い方も身体が酸性に偏りがちなので注意が必要です。

白髪ケアのために積極的に摂りたい食品

陰性の食品ばかりを摂ると体は陰性体質になり、陽性食品ばかりをとると陽性体質になりやすくなり体のバランスが乱れやすくなります。体のバランスを整え血液の質を良くするには、中庸という中心の食材を摂るようにすることです。

玄米、黒米などの雑穀類、大根やネギなどの辛味野菜、緑黄色野菜、根菜類、海藻類、小豆、梅干し、

玄米など雑穀類や海藻類は、陰性でも陽性でもなく中庸で主食に適しています。また、メラニン色素の原料となるミネラルも豊富です。大根などの辛味野菜は、体に溜まった油などを排泄する働きがあります。冬は体を温める根菜類、夏は色とりどりのお野菜など旬の野菜を摂るようにしましょう。梅干しは、酸化に傾いた体をアルカリに戻したリ腸内環境を整える万能食材です。

以外と意識しないと摂れてない方が多いと思います。

白髪が気になりはじめている方は、積極的に摂りたい食材を毎日の食事で取り入れるようにしましょう。また、食事は薄味を心がける事がポイントとなります。ぜひ、意識してみてくださいね。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビューティープロデューサー
毛髪診断士・美養研究家

「美しさは健康から」
食・漢方・アロマ・ハーブを取り入れ、内側と外側から「美肌・美髪を作る」ホリスティック美容を提唱。美容業界に携わり22年、延べ5万人以上もの施術やアドバイスを行う。
雑誌の執筆や監修、TVなど幅広く活躍中。

*美肌・美髪専門店「スキンケアサロン ティナロッサ」主宰
*ティナロ ビューティースクール主宰
*ティナロ化粧品プロデュース
*ヘアケア大学主宰

趣味は、親孝行、世界美容旅、世界スパめぐり。 世界中を旅し、世界の美容情報も発信している。

◆◆掲載・出演情報◆◆
☆日本TV NOGIBNGO 出演
☆東京TV なないろ日和 ゲスト出演
☆フジTV 魔女に言われたい夜 出演
☆TBS  買い物ラボ出演
☆ショップチャンネル ミッシェルメルシェブラシ ゲスト出演
☆DHC Q10ヘアカラートリートメント 通販番組出演
☆雑誌 家庭画報 美髪を求めて監修
☆雑誌 サンキュ年末年始特大号/ヘアケア特集監修
☆雑誌 ホットペーパービューティー監修
☆ニッセン秋号 ヘアケア監修
☆雑誌 Ray 美髪の神様たち
☆雑誌 美ST/頭皮ケアで立ち上がれ!40代の髪
☆雑誌 ESSE/節約アイディアをプロが判定
☆雑誌 美的 夏のSOS監修
☆雑誌 ヘアケア最強バイブル最新版 監修
☆OZマガジン ヘアケア記事監修
☆クロワッサン 大人のための本気美容塾出演
☆LDKコスメの真実 監修
☆新日本製薬様 記事監修
☆アサヒフードヘルスケア 「彩彩せいかつ」 監修
☆TV東京国際テレビ「コンマリア~ノ女学院」
☆TV美美人カフェ 出演
☆雑誌パンプキン・美髪を作るヘッドスパ監修
その他多数