【夏にやってほしい美髪ケア3つ】紫外線から髪を守る秘訣とは

連日暑い日が続いております。今年の夏は特にスーパー猛暑、紫外線量も多く降り注いでおります。紫外線量が多いという事は、髪へのダメージも強くなります。この時期、髪のパサつきや色抜け、切れ毛などで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?
今回は、夏の紫外線ダメージから髪を守る、ヘアケア法をお伝えします。

夏の紫外線による髪へのダメージとは!?

紫外線によるダメージを最も受けやすい髪。髪は熱や紫外線に最も弱く、強い紫外線を受ける事によりキューティクルが剥がれ、髪の内部の水分やたんぱく質(アミノ酸)が蒸散しやすくなります。そのため、パサつきや髪の広がりが気になるようになります。
また、髪の内部は繊維状のたんぱく質で出きているのですが、紫外線ダメージを受ける事により、弾力がなくなり切れやすくなります。夏に切れ毛や枝毛が増えるのもこのためです。

髪のダメージが進むと、頭皮までダメージを及ぼす

髪は、頭皮を包み込み紫外線から守る働きをしているのですが、髪が傷む事により頭皮にまで紫外線が届きやすくなります。よって、頭皮にまでダメージを及ぼし抜け毛などのトラブルも出やすくなります。
キューティークルがしっかりしている健康な髪は、紫外線を跳ね返す力も大きいのですが、傷みが進むほど紫外線を跳ね返す力も弱まり浸透しやすくなるのです。
紫外線から頭皮を守るためにも、夏の髪のケアはとても大切になります。

夏に欠かせない、髪への紫外線対策3つ

1、UVスプレーや防止、日傘で髪を守りましょう
夏は、とにかく紫外線ダメーから髪を守る事が大切です。髪や頭皮用のUVスプレーや日傘や帽子などで髪を守るようにしましょう。UVスプレー×日傘などダブルで使用するとさらに効果的です。

2、オイル系のアウトバストリートメントで髪を保護しましょう
外出の際は、オイル系のアウトバストリートメントを髪の表面になじませるだけで、紫外線対策になります。オイルで髪を保護する事により、紫外線を跳ね返す効果もありますし、髪の内部の水分蒸散を防ぐ働きもします。
つけすぎると、髪のべたつきの原因となりますので適量を手になじませてから毛先を中心に全体になじませるようにしましょう。

3、毎日、トリートメントで保湿をしましょう
夏のシーズンは、紫外線や冷房などの影響で髪のダメージが進んでいますので、髪が長い方は特に毎日トリートメントケアする事をおすすめします。トリートメントは、すぐに洗いながさず3分程置いて浸透させてから洗い流すようにしましょう。髪は死んだ細胞で出来ていますので、修復する力がありません。自分でケアしてあげるしか方法がないのです。

毎日の小さな積み重ねが、美髪を育む鍵です。
夏は特に髪ダメージが蓄積されやすいので日々お手入れしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビューティープロデューサー
毛髪診断士・美養研究家

「美しさは健康から」
食・漢方・アロマ・ハーブを取り入れ、内側と外側から「美肌・美髪を作る」ホリスティック美容を提唱。美容業界に携わり22年、延べ5万人以上もの施術やアドバイスを行う。
雑誌の執筆や監修、TVなど幅広く活躍中。

*美肌・美髪専門店「スキンケアサロン ティナロッサ」主宰
*ティナロ ビューティースクール主宰
*ティナロ化粧品プロデュース
*ヘアケア大学主宰

趣味は、親孝行、世界美容旅、世界スパめぐり。 世界中を旅し、世界の美容情報も発信している。

◆◆掲載・出演情報◆◆
☆日本TV NOGIBNGO 出演
☆東京TV なないろ日和 ゲスト出演
☆フジTV 魔女に言われたい夜 出演
☆TBS  買い物ラボ出演
☆ショップチャンネル ミッシェルメルシェブラシ ゲスト出演
☆DHC Q10ヘアカラートリートメント 通販番組出演
☆雑誌 家庭画報 美髪を求めて監修
☆雑誌 サンキュ年末年始特大号/ヘアケア特集監修
☆雑誌 ホットペーパービューティー監修
☆ニッセン秋号 ヘアケア監修
☆雑誌 Ray 美髪の神様たち
☆雑誌 美ST/頭皮ケアで立ち上がれ!40代の髪
☆雑誌 ESSE/節約アイディアをプロが判定
☆雑誌 美的 夏のSOS監修
☆雑誌 ヘアケア最強バイブル最新版 監修
☆OZマガジン ヘアケア記事監修
☆クロワッサン 大人のための本気美容塾出演
☆LDKコスメの真実 監修
☆新日本製薬様 記事監修
☆アサヒフードヘルスケア 「彩彩せいかつ」 監修
☆TV東京国際テレビ「コンマリア~ノ女学院」
☆TV美美人カフェ 出演
☆雑誌パンプキン・美髪を作るヘッドスパ監修
その他多数