【一日3分で肌も髪も変わる!】美肌・美髪を作る深呼吸メゾット

e5b59696f1c441e3a20529ac1ae240e3_m

日々、無意識に行っている呼吸。呼吸は、身体に必要な酸素を血液に取り入れ、不要な二酸化炭素を外に放出する働きがあります。また、血流や代謝とも関係しています。呼吸が浅くなると酸素量が減り血流が滞りやすくなります。肌や髪の栄養源は酸素と血液ですので、減少する事で様々なトラブルが出やすくなります。

こんな方は要注意!

f3d39f77181d8a5e41a9af52db5d244c_s
  • パソコンやスマホばかりしている
  • 姿勢が悪い
  • 運動不足
  • 鼻呼吸
  • ストレスを抱えやすい

上記に当てはまる方は、呼吸が浅くなる傾向にあります。特にパソコンを休まず長時間している方は要注意。猫背になりやすく、胸が圧迫され自然に呼吸が浅くなります。脳への血流も悪くなりますので逆に集中力が低下し、浅い呼吸が続く事で自律神経の働きも悪くなり体調にも不調をきたします。自律神経の乱れは髪や肌にも大きな影響を与えます。

1日3分の深呼吸で体も肌も髪も変わる!

深呼吸を意識する事で、細胞の隅々まで酸素が行き渡り血流もよくなる事で、肌や髪の細胞も活性されます。

おススメは、就寝前の3分。就寝前に行う事で脳がリラックスし交感神経が優位になります。よって質の良い睡眠を得ることができます。肌や髪は就寝中に行わるので、就寝前の深呼吸はとてもおススメです。

f0990bde06b44e3721fcfc9f5fd6c349_s

<呼吸法の仕方>

  • 部屋の明かりを薄暗くして行う
  • 瞑想を行うように何も考えず脳をクリアにしましょう
  • 肩の力を抜き、姿勢を正しく、手をお腹に当てましょう
  • 鼻からゆっくり吸い、口からゆっくり息を吐きだします(吸う、吐くを各5秒くらいかけてゆっくりと行う。全身に酸素が行き渡るように)

*自分の好きなアロマを焚いて行うとさらに効果的です。

全身のエネルギーが漲り、身体、そして肌・髪にも良い影響を与えます。普段、パソコン業務をされている方は特に呼吸が浅くなりますので、仕事中も意識して呼吸を行うようにしましょう。30分に一回手を休めて1分でも目を閉じて深呼吸するだけで集中力も高まり、逆に仕事も捗ります。

美しい肌も髪も身体が健康であって生まれるもの。呼吸を意識する事で、まずは身体が変わっていくのを実感できるはずです。是非、意識してみてくださいね!

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビューティープロデューサー
毛髪診断士・美容家

「美しさは健康から」
食・漢方・アロマ・ハーブを取り入れ、内側と外側から「美肌・美髪を作る」ホリスティック美容を提唱。美容業界に携わり22年、延べ5万人以上もの施術やアドバイスを行う。
雑誌の執筆や監修、TVなど幅広く活躍中。

*美肌・美髪専門店「スキンケアサロン ティナロッサ」主宰
*ティナロ ビューティースクール主宰
*ティナロ化粧品プロデュース
*ヘアケア大学主宰

趣味は、親孝行、世界美容旅、世界スパめぐり。 世界中を旅し、世界の美を発信している。

◆◆掲載・出演情報◆◆
☆日本TV NOGIBNGO 出演
☆東京TV なないろ日和 ゲスト出演
☆フジTV 魔女に言われたい夜 出演
☆TBS  買い物ラボ出演
☆ショップチャンネル ミッシェルメルシェブラシ ゲスト出演
☆DHC Q10ヘアカラートリートメント 通販番組出演
☆雑誌 家庭画報 美髪を求めて監修
☆雑誌 サンキュ年末年始特大号/ヘアケア特集監修
☆雑誌 ホットペーパービューティー監修
☆ニッセン秋号 ヘアケア監修
☆雑誌 Ray 美髪の神様たち
☆雑誌 美ST/頭皮ケアで立ち上がれ!40代の髪
☆雑誌 ESSE/節約アイディアをプロが判定
☆雑誌 美的 夏のSOS監修
☆雑誌 ヘアケア最強バイブル最新版 監修
☆OZマガジン ヘアケア記事監修
☆クロワッサン 大人のための本気美容塾出演
☆LDKコスメの真実 監修
☆新日本製薬様 記事監修
☆アサヒフードヘルスケア 「彩彩せいかつ」 監修
☆TV東京国際テレビ「コンマリア~ノ女学院」
☆TV美美人カフェ 出演
☆雑誌パンプキン・美髪を作るヘッドスパ監修
その他多数