薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

加水分解コラーゲン

      2016/01/17

分子量の大きいコラーゲンを加水分解によって水溶性にし浸透しやすくしたもの。牛や豚の骨や皮などを酸やアルカリ、酵素などで加水分解をしてコラーゲン水溶液作り出します。保湿・保護効果や柔軟効果がありシャンプーやコンディショナー、トリートメント、スキンケア商品などで幅広く使用されています。

 

 - 「か」のヘアケア用語, ヘアケア用語辞典