薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

知らないと損!頭皮のかゆみを促進するNG頭皮ケア5つ

      2015/10/07

NG頭皮ケア

頭皮がかゆくて、つい頭をかいてしまう事ってありますよね。症状がひどい方は、かゆくて眠れなかったり寝ている間にしらないでかいてしまっている方もいらっしゃいます。

でも、それは頭皮を悪化させてしまう行為のひとつです。頭皮のかゆみを改善するには、まずは毎日にの頭皮ケアをきちんと見直してみましょう。そこの原因があるかもしれませんよ!

頭皮のかゆみの原因とは!?

頭皮のかゆみは、何らかの原因で頭皮のバリア機能が低下しターンオーバー(肌サイクル)が乱れている証拠です。

お肌もそうですが、バリア機能が低下すると自らを修復しようとターンオーバーが早まり角質が増えてしまします。

角質が増えると、それらを餌にしている雑菌が繁殖し頭皮に刺激を与えそれがかゆみとなって現れます。

普段の頭皮ケアがかゆみの原因となっているかも!?

普段の頭皮ケア

1.洗浄力の強いシャンプー剤でゴシゴシ洗う

洗浄力の強いシャンプー剤は、頭皮の皮脂膜を必要以上に奪い乾燥する原因となります。かゆみがある場合や頭皮が乾燥しやすい方は、洗浄力の強いシャンプー剤はひかえましょう。

アミノ酸系のシャンプーのように洗浄力が低めで頭皮にマイルドなシャンプーがおすすめです。

2.ゴシゴシ爪をたてて洗う

痒いとついつい力を入れて洗いたくなりますが、頭皮に傷がつき炎症を起しやすくなります。バリア機能が低下するため余計にかゆみや乾燥がひどくなります。

爪は立てず指の腹を使い、頭皮を揉みこむようにやさしく洗うようにしましょう。

3.熱いお湯を使っている

熱いお湯の方が、汚れが落ちるイメージがありますが頭皮の水分や油分を奪い取り乾燥が進む原因になります。

お湯は、38度~40度くらいのぬゆめのお湯ですすぐようにしましょう。

4.すすぎが不十分

シャンプー剤が頭皮に残ったままだと、それが刺激となってかゆみを引き起こします。

すすぎは、しつこいくらいしっかり行いましょう。シャンプーの時間を同じくらい時間をかけてすすぐようにしましょう。

5.リンスやトリートメントを頭皮につけている

リンスやトリートメント剤には、シリコンなどコーティング剤が多く含まれています。

髪に塗布する際は、頭皮から10cmはなし頭皮につけないように気をつけましょう。

頭皮のかゆみを改善する!シャンプー前のオイルケア

シャンプー前のオイルケア

かゆみのある方は、頭皮のターンオーバーが乱れて皮脂や角質がたまりやすくなってります。これらは脂ですので油で落とすと頭皮に負担をかけすスムーズに落とす事ができます。

かゆみがある場合は、いかに頭皮に負担をかけず角質や汚れを落とすかがポイントです!

そこで、おすすめなのがシャンプー前のオイルケア。

シャンプーする前の乾いた頭皮に、頭皮専用のオイルを使用する事で頭皮や毛穴に詰まった皮脂や汚れを負担をかけずスムーズに溶かす事ができます。

また、頭皮に適度な潤いを与える事で頭皮の皮脂&水分バランスが整いターンオーバー(肌サイクル)が整います。

オイルは、粘度が高い植物オイルなどは洗い流すのに時間がかかってしまうので頭皮に馴染みやすく、洗い流しやすい頭皮専用のオイルがおすすめです。

また、石油系界面活性剤などが頭皮に負担のかかる成分が配合されていないものを選ぶようにしましょう。

シャンプー前の頭皮専用オイル

シャンプー前の頭皮専用オイル – ティナロヘッドスパイス

ティナロヘッドスパイス

20種類の美髪スパイス&ハーブの力に力によって、毛穴に詰まった皮脂や汚れを落とします。

同時に5つの働きで頭皮環境を整えるシャンプー前の頭皮専用オイル

シャーロックス

シャーロックス

インドハーブが配合された頭皮専用オイル

頭皮を清潔で健やかな状態にし頭皮環境を整えます。

是非、頭皮のかゆみが気になる方は、シャンプー前のオイルケアを取り入れてみてくださいね。

週に2~3回がおすすめです。

また、シャンプーの仕方やトリートメント剤の仕方も見直して見てくださいね。

 - フケ, ヘアケアCOLUMN, 頭皮のかゆみ