シャンプー鑑定 – アーユルビオ シャンプー D(ボーテ・ド・モード)

シャンプーは頭皮を洗い清潔に保つものです。

シャンプー選びのポイントは、自分の頭皮にあったシャンプー選びをする事です。

あなたは、自分の頭皮にあったシャンプーを使用していますか?

本日は、ボーテ・ド・ボーテのアーユルビオ シャンプー Dをご紹介します。

Ayurbio(アーユルビオ)のコンセプト

Dollarphotoclub_94619312

アーユルビオが考える美しい髪の条件は、髪本来の美しさを引き出し、芯からみなぎる強さを放つ美髪力。幹細胞をはじめとしたパワフルなボタニカル植物を配合し、生命の科学・アーユルヴェーダ―発想のベース処方。

ヨガの呼吸法を取り入れた独自の髪ヨガを開発し、五感を刺激し美しい髪を育む新発想のヘアケア商品です。

さらに、生ケラチンや16種類のアミノ酸などを配合し、髪の芯からアプローチ。毛先まで潤いのあるツヤ髪へと導きます。

アーユルビオ シャンプー Dのこだわりとは!?

main_image

*アーユルビオHPより引用

「不老の果実」と呼ばれるリンゴ「ウトビラー・スパトラウバー」から抽出した「リンゴ幹細胞エキス」や、15種類の赤い植物(レッドボタニカル)をはじめ計38種類の植物エキスを配合。髪本来に備わる自然力を呼び覚まし、イキイキと健やかな髪を育てます。

その他、生コラーゲン(水溶性コラーゲン)、生セラミド(セレブロシド)、生ケラチン(ケラチン(羊毛))を配合し、髪と頭皮をディープにケア。ダメージを根本から解消し潤いに満ちた健やかな美髪へと導きます。

全成分表

水、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルタウリンNa、オレフィン(C14-16)スルホン酸Na、グリセリン、アロエベラ葉エキス、ハス胚芽エキス、アンマロク果実エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、ココヤシ果汁、コリアンダー果実油、ハイビスカス花エキス、メリアアザジラクタ葉エキス、ゴマ油、オレンジ油、アーモンド油、ヤシ油、ケラチン(羊毛)、加水分解ケラチン(羊毛)、γ-ドコサラクトン、セレブロシド、水溶性コラーゲン、セラミド2、シルク、ハチミツ、リンゴタンニン、リンゴ種子油、リンゴ果実水、リンゴ果汁、リンゴ果実培養細胞エキス、リンゴ果実エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、セテアラミドエチルジエトニウムサクシノイル加水分解エンドウタンパク、(ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解ダイズタンパク、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、リシンHCl、グルタミン酸、ロイシン、グリシン、ヒスチジンHCl、セリン、バリン、アスパラギン酸Na、トレオニン、アラニン、イソロイシン、フェニルアラニン、プロリン、チロシン、アルギニン、シスチン、スミノミザクラ果実エキス、イチゴ果実水、ザクロ花エキス、アセロラ果実エキス、コーヒー種子エキス、ユキノシタエキス、ヒメフウロエキス、ダイズステロール、ペンチレングリコール、アラントイン、キサンタンガム、タウリン、PG、レシチン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、安息香酸Na、酢酸トコフェロール、PPG-7、ポリクオタニウム-10、EDTA-2Na、プロパンジオール、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、クエン酸、BG、フェノキシエタノール、香料

毛髪診断士の見解

ベタイン系の洗浄成分をベースに、ほどよくすっきりとした洗い心地。

リンゴ幹細胞エキス、15種類のレッドボタニカル(植物エキス)などをはじめ、こだわりの植物エキスを数多く配合。

16種のアミノ酸、加水分解ケラチンなど保湿成分もバランスよく配合いているのが嬉しいですね。成分の数がこんなに沢山入っているシャンプーは珍しいですね。とにかく成分の数で勝負しているようです。

78%以上美容液成分配合とありますが、その中に水も含まれているので、残念ながらほとんどは水かグリセリンかと思います。

シャンプーは洗い流すものなので、結局植物エキスや有効成分は洗い流されてしまうので、それが頭皮や髪に有効なのかは謎ですが、、コンセプトや中身、値段を含めてよく作られているこだわりのシャンプーだと思います。

泡立ちもよく洗い心地もさっぱりとして乾燥肌から脂性肌までオールマイティに使用できると思います。

アーユルビオ シャンプー D(ボーテ・ド・モード)520mL 900円(税別)

・おすすめの頭皮・・・乾燥、普通、脂性肌、べたつき
・おすすめの髪質・・・パサつき、枝毛、切れ毛、細毛~太毛、ハリ・コシがない髪、ボリュームUP
・成分全体評価→★★★★★ (洗浄力や配合エキス成分を含め全体での評価)