薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

食生活や生活習慣による女性の薄毛・抜け毛に要注意

      2015/08/16

リラックス

食生活や生活習慣による薄毛・抜け毛

薄毛の原因は、食生活、睡眠、ストレスなどの生活習慣も多く関係しています。

食事

私たちの髪の毛は、血液から栄養を取り入れて作られています。普段食している物が血液となり髪を作り出しているのです。

栄養が偏ったり、不規則な食生活は髪に栄養がきちんと行かず抜け毛や薄毛の原因となります。又、ダイエットにより栄養バランスが偏り抜け毛が増えるケースもあります。脂っぽい食事は、皮脂分泌を促進させ毛穴を詰まらせる原因にもなるので注意が必要です。

睡眠

髪は、就寝中に生まれかわりをしています。睡眠不足は、髪の成長が妨げられ薄毛の原因となります。また、睡眠不足になるとホルモンバランスが乱れ男性ホルモンが活発になります。男性ホルモンが活性されると、皮脂分泌が増え頭皮がべたつきやすくなります。

ストレス

現代の女性の方は、仕事や育児などによりストレスを多く抱えているといわれています。ストレスを受けると、ホルモンバランスが乱れ常に交感神経が優位になっている状態になります。そうすると、血管が収縮され血流が頭皮へきちんと届かなくなります。頭皮は硬くなり髪も細くなって薄毛の原因になってしまいます。

たばこやアルコール

たばこやアルコールの飲みすぎは頭皮へ悪影響を与える原因となります。たばこは、血管を収縮させ頭皮に悪影響を与えます。またビタミンCを多く消費し、タバコに含まれるニコチン等の有害物質は体にも悪影響を与えます。アルコールは飲みすぎると、肝臓で分解する際にアセトアルデヒドが発生します。この物質は、男性ホルモンを活性化すると言われ抜け毛の原因にもなります。

 - ヘアケアCOLUMN, 女性の薄毛