薬剤が与える髪の毛への影響が深刻な場合はどうすればよい?

薬剤
薬剤

薬剤を注射したり、内服したりする事によって脱毛する場合があります。

副腎皮質ホルモンや抗がん剤などがこれに当たります。

脱毛は薬剤の使用後数ヶ月から始まります。

薬剤の使用を中止すれば回復する場合が多いです。

その他、白せん菌による脱毛症、梅毒性脱毛症、瘢痕(はんこん)性脱毛症などがあります。

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビューティープロデューサー
毛髪診断士・美容家

「美しさは健康から」
食・漢方・アロマ・ハーブを取り入れ、内側と外側から「美肌・美髪を作る」ホリスティック美容を提唱。
*美肌・美髪専門店「スキンケアサロン ティナロッサ」主宰
*ティナロ ビューティースクール主宰
*ティナロ化粧品プロデュース
*ヘアケア大学主宰

◆◆掲載・出演情報◆◆
☆東京TV なないろ日和 ゲスト出演
☆フジTV 魔女に言われたい夜 出演
☆TBS  買い物ラボ出演
☆ショップチャンネル ミッシェルメルシェブラシ ゲスト出演
☆DHC Q10ヘアカラートリートメント 通販番組出演
☆雑誌 家庭画報 美髪を求めて監修
☆雑誌 サンキュ年末年始特大号/ヘアケア特集監修
☆雑誌 ホットペーパービューティー監修
☆ニッセン秋号 ヘアケア監修
☆雑誌 Rqy 美髪の神様たち
☆雑誌 美ST/頭皮ケアで立ち上がれ!40代の髪
☆雑誌 ESSE/節約アイディアをプロが判定
☆雑誌 美的 夏のSOS監修
☆雑誌 ヘアケア最強バイブル最新版 監修
☆新日本製薬様 記事監修
☆アサヒフードヘルスケア 「彩彩せいかつ」 監修
☆TV東京国際テレビ「コンマリア~ノ女学院」
☆TV美美人カフェ 出演
☆雑誌パンプキン・美髪を作るヘッドスパ監修
その他多数