薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

男性ホルモンが髪の毛の成長を抑制する物質に変わる?男性型脱毛症について

      2015/08/16

筋肉

男性ホルモン(テストステロン)が、5αーリダクターゼろいう酵素により、毛の成長を抑制する物質に変わるために脱毛がおこります。

毛の成長を抑制されるとヘアサイクルの成長期が短くなり、髪が十分成長できなくなるのです。

そして、毛を育てるエネルギーの元になる成分の生成が抑えられ、毛が細く短くなります。

また、頭の上部の毛は男性ホルモン(テストステロン)の作用を受け易いため男性は頭頂部が抜けやすい方が多いのです。

これは、遺伝的な要素が大きく、老化の一種と考えられています。

早めの頭皮ケアで防ぐ事は可能です。

また生食生活や生活習慣にも気をつけましょう。

 - ヘアケアCOLUMN, 脱毛症