これさえおさえれば大丈夫!脱毛を防ぐ対策法とは?

リラックス
リラックス

ストレスをためない

脱毛の原因のひとつにストレスが大きく関係している場合があります。

ストレスを感じると交感神経が優位になり血管が収縮し血流が滞ります。

髪の成長を促す 毛母細胞に栄養や酸素がいかず脱毛の原因となるのです。

なるべくストレスをためない生活を心がけましょう。

趣味を見つけたり、運動やアロマテラピーなども 効果的です。

また、ビタミンCは、ストレスに対抗するための副腎皮質ホルモンの合成や活性酸素から細胞を守る働きがあるので摂取するようにしましょう。

良質な睡眠を心がける

睡眠中に髪は育ちます。

睡眠不足は毛母細胞に栄養が届かず髪の成長が妨げられます。

また、睡眠不足になると男性ホルモンが活性されやすくなります。

頭皮の 皮脂が過剰になるので毛穴を詰まらせる原因となりますので気をつけましょう。

できるだけ毎晩同じ時間に就寝するように心がけましょう。

また就寝前は部屋を 暗くしたりストレッチをしたり好きな本を読んだり良質な巣民ができるよう工夫しましょう。

栄養を考えた食事を心がける

脱毛には、食生活も大きく関係しています。

タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく摂取するよ心がけましょう。

各栄養素はそれぞれが助け合う事によって効果を高めるのです。

また、脂ぽい食事はなるべく控え良質なタンパク質(青魚)や緑黄色野菜を摂取するようにしましょう。

血流を促すビタミンEもおすすめです。

アーモンドなどのナッツ類やウナギやアボガドになどに多く含まれています。

冷えや肩こりを改善する

脱毛症の方の多くが、肩こりの方が多いです。

肩こりになると血流が滞り頭皮が固くなります。

髪の成長が妨げられ毛が細く薄くなってきます。

また女性の方は 冷えも気をつけていただきたい一つです。

新陳代謝を高め血流を促すために、適度なストレッチや運動を心がけましょう。

また温湿布で患部を温めるのも効果的です。

タバコも毛細血管を収せるのでなるべく吸わないように気をつけましょう。

正しいシャンプーやマッサージを行う

脱毛のトラブルを予防、改善するためには頭皮を清潔に保つ事が第一です。

毛穴の皮脂は、シャンプーによって洗い流されても4~12時間で再生されます。

一日たつと皮脂に汚れや汗、紫外線などで酸化し毛穴がつまり常在菌が増える原因となります。

就寝前は必ずシャンプーを行いましょう。

しかし、頭皮が乾燥している方は皮脂の取り過ぎは逆効果になりますので、洗浄力の弱いアミノ酸系のシャンプーでやさしく洗うかシャンプー前に頭皮用のオイルを使用してみましょう。頭皮の水分と皮脂のバランスを整えてくれます。

またシャンプーは、力を入れずやさしく頭皮を揉みほぐすように行いましょう。

すすぎはしっかり行ってトリートメントは髪のみに使用しましょう。

マッサージは、シャンプー前に行う事をおすすめします。

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビューティープロデューサー
毛髪診断士・美容家

「美しさは健康から」
食・漢方・アロマ・ハーブを取り入れ、内側と外側から「美肌・美髪を作る」ホリスティック美容を提唱。
*美肌・美髪専門店「スキンケアサロン ティナロッサ」主宰
*ティナロ ビューティースクール主宰
*ティナロ化粧品プロデュース
*ヘアケア大学主宰

◆◆掲載・出演情報◆◆
☆東京TV なないろ日和 ゲスト出演
☆フジTV 魔女に言われたい夜 出演
☆TBS  買い物ラボ出演
☆ショップチャンネル ミッシェルメルシェブラシ ゲスト出演
☆DHC Q10ヘアカラートリートメント 通販番組出演
☆雑誌 家庭画報 美髪を求めて監修
☆雑誌 サンキュ年末年始特大号/ヘアケア特集監修
☆雑誌 ホットペーパービューティー監修
☆ニッセン秋号 ヘアケア監修
☆雑誌 Rqy 美髪の神様たち
☆雑誌 美ST/頭皮ケアで立ち上がれ!40代の髪
☆雑誌 ESSE/節約アイディアをプロが判定
☆雑誌 美的 夏のSOS監修
☆雑誌 ヘアケア最強バイブル最新版 監修
☆新日本製薬様 記事監修
☆アサヒフードヘルスケア 「彩彩せいかつ」 監修
☆TV東京国際テレビ「コンマリア~ノ女学院」
☆TV美美人カフェ 出演
☆雑誌パンプキン・美髪を作るヘッドスパ監修
その他多数