薄毛や髪のお悩み解決!ヘアケア大学

ヘアケア大学

乾燥性のフケ症の原因と対策法

      2015/08/16

乾燥性のフケ症の原因

フケというのは、古くなった角質細胞がはがれ落ちたものです。
体を洗ったときにでる垢のようなものです。

頭皮もお肌と同じで常に新陳代謝を繰り返し新しい細胞へと生まれ変わっていますので、フケが発生すること事態はいたって正常な状態です。
しかし、何らかの原因でフケが大量に発生し、かゆみを伴う事があります。

サラサラ乾燥したフケの原因は、主に頭皮の乾燥と、皮脂分泌の不足、角質のターンオーバー(生まれ変わりのサイクル)の乱れによりおきる事が多いです。

体調やストレス、食生活、洗浄力の高いシャンプー剤の使用、過度の洗い過ぎなど様々な要因が考えられます。症状が悪化すると抜け毛の原因にもなりますので早めのケアを心がけましょう。

乾燥性のフケ症の対処法

このタイプのフケ症の方は、フケが気になり過度に洗いすぎる方が多いのですが、過度の洗い過ぎはフケを増やす原因となるので気をつけましょう!

シャンプーの際に気をつける事は、
・洗浄力の高いシャンプーはひかえて、しっとりするタイプを使用すること。
・洗いすぎの場合は洗髪回数を減らすこと。
・シャンプーの量を減らすこと。
フケがひどい場合は、乾燥を抑える保湿剤を使用しましょう。

洗髪前に頭皮用オイルや植物オイルなどを頭皮にすりこみシャワーキャップをして5~10分蒸らすと効果的です。

また、ストレスやダイエット、食生活や睡眠不足、ミネラルやビタミン不足も原因となる事が多いですので自分の生活を見直してみましょう!

ビタミン類の豊富な緑黄色野菜をたくさん摂取するようにしましょう。
皮膚を健康に保つビタミンB郡、豚肉、牛乳、豆、レバーなどもおすすめです。

 - フケ, ヘアケアCOLUMN