効果半減!髪や頭皮が傷むNG入浴法

身体を清潔に保ち、身体の疲れを取る入浴。お湯に浸かる事により全身の血流が促進されるため頭皮や髪にも良い影響を与える事ができます。しかし、間違った入浴法は、逆に頭皮や髪に悪影響を与える事があります。うっかりやりがちな入浴方法をまとめてみました。

1、お風呂のお湯を使って髪をすすいでいる

洗髪の際に、お風呂のお湯で洗い流している方はいらっしゃいませんか?湯船につかった後のお風呂のお湯には雑菌が繁殖しています。せっかく洗髪をしても、洗い流す際に雑菌入りのお湯ですすぐと頭皮や髪に菌や汚れが付着した状態になってしいます。せっかく洗髪したのに、ニオイべたつきの原因になります。また、入浴剤も頭皮や髪に対して刺激になる成分が配合されている場合があります。洗髪の際にすすぎは、お風呂のお湯ではなくシャワーで洗い流すようにしましょう。これは、肌や身体も同様です。

2、洗髪時のお湯の温度が熱い

シャンプー剤などを洗い流す際のお湯の温度。気が付かないうちに熱くなっていませんか?髪や頭皮はとってもデリケート。お湯が熱いと、髪のキューティクルがはがれやすくなり内部のたんぱく質が流出しパサつきやすくなります。頭皮も乾燥しやすくなり痒みなどの原因になります。洗顔の時も熱いお湯ですすがないですね?お湯の温度はぬるいかな?と思うくら(32℃~35度)が適温です。

2、洗髪後の長風呂

半身浴は、血行も促進され一見肌や髪にもいい感じがしますが長風呂は逆効果になる場合もあります。長風呂をする事により、頭皮の潤い成分(セラミド)や髪の水分が流れ出してしまい乾燥の原因に。また、洗髪後の長風呂は特に注意が必要です。せっかく頭皮をキレイにしたのに、汗が毛穴に入りべたつきの原因になります。洗髪後、お風呂に浸かって汗をかく際は、最後にもう一度お湯ですすぐようにしましょう。

 

いかがでしたか?入浴は体を温めリラックス効果もあるため肌にも髪もいい効果をもたらします。ぜひ、上記の点を気を付けて正しい入浴を行ってみてくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビューティープロデューサー
毛髪診断士・美容家

「美しさは健康から」
食・漢方・アロマ・ハーブを取り入れ、内側と外側から「美肌・美髪を作る」ホリスティック美容を提唱。美容業界に携わり22年、延べ5万人以上もの施術やアドバイスを行う。
雑誌の執筆や監修、TVなど幅広く活躍中。

*美肌・美髪専門店「スキンケアサロン ティナロッサ」主宰
*ティナロ ビューティースクール主宰
*ティナロ化粧品プロデュース
*ヘアケア大学主宰

趣味は、親孝行、世界美容旅、世界スパめぐり。 世界中を旅し、世界の美を発信している。

◆◆掲載・出演情報◆◆
☆日本TV NOGIBNGO 出演
☆東京TV なないろ日和 ゲスト出演
☆フジTV 魔女に言われたい夜 出演
☆TBS  買い物ラボ出演
☆ショップチャンネル ミッシェルメルシェブラシ ゲスト出演
☆DHC Q10ヘアカラートリートメント 通販番組出演
☆雑誌 家庭画報 美髪を求めて監修
☆雑誌 サンキュ年末年始特大号/ヘアケア特集監修
☆雑誌 ホットペーパービューティー監修
☆ニッセン秋号 ヘアケア監修
☆雑誌 Ray 美髪の神様たち
☆雑誌 美ST/頭皮ケアで立ち上がれ!40代の髪
☆雑誌 ESSE/節約アイディアをプロが判定
☆雑誌 美的 夏のSOS監修
☆雑誌 ヘアケア最強バイブル最新版 監修
☆OZマガジン ヘアケア記事監修
☆クロワッサン 大人のための本気美容塾出演
☆LDKコスメの真実 監修
☆新日本製薬様 記事監修
☆アサヒフードヘルスケア 「彩彩せいかつ」 監修
☆TV東京国際テレビ「コンマリア~ノ女学院」
☆TV美美人カフェ 出演
☆雑誌パンプキン・美髪を作るヘッドスパ監修
その他多数