こんな髪におすすめ!ヘアオイルの活用法と使い方

これから紫外線が多くなる季節、気が付かないうちに髪へのダメージもすすみパサつきも気になるようになります。
そんな髪のパサつきにおすすめなのがヘアオイルです。皆さんは、普段のヘアケアにヘアオイルは使っていますか?ヘアオイルは知っているけど、正しい使い方や効果を知らない方も多いのではないでしょうか?今回は、ヘアオイルの正しい使い方についてご紹介したいと思います。

ヘアオイルの効果とは!?

ヘアオイルは、名前の通り髪用のオイル。油分がベースになっているオイルです。
油分は、髪の表面を保護しコーティング力に優れています。髪をコーティングする事で、内部の水分蒸散を防ぎパサつきやを防ぐ働きがあります。また、紫外線などを反射しダメージを防ぐ効果もあります。今は、UV成分が配合されたヘアオイルもありますので、夏場はUV成分配合のヘアオイルを使ってみるのも良いでしょう。

その他、日々のドライヤーの熱をから髪を守る働きもあります。ドライヤーをかける前にヘアオイルを毛先など傷みやすい箇所に馴染ませると良いでしょう。

ヘアオイルは、こんな髪質の方におすすめ

ヘアオイルは、髪に潤い髪をまとめやすく効果があります。髪の傷みが気になる方、毛先のパサつきが気になる方、髪が広がりやすい方、髪が長い方におすすめです。髪が短い方も使用できますが、付けすぎると髪のボリュームがなくなるので使い方に注意が必要です。

失敗しない、ヘアオイルの使い方

ヘアオイルは、メーカーによっても異なりますが、数滴~ワンプッシュ程度が適量です。あまりつけすぎると髪がべたつきますので、少量ずつ手に取りましょう。手に取ったら、手のひら全体に広げパサつきやすい毛先から塗布していきましょう。髪が長い方は、最後に手に余ったオイルを髪全体に軽くなじませるとツヤがでて綺麗に見えます。
ポイントは、毛先を中心になじませ、最後に手についたオイルを髪表面になじませる事です!

どんなオイルが良いの?

今はいろんな種類のオイルが出ています、髪が長い方や太い方、傷みが進んでいる方は、まとめた感じにしたい方は少し粘性のあるタイプのオイルが良いでしょう。その方が、まとまりやすくなりコーティング力も高まります。髪が細い方、サラサラした髪に仕上げたい方は、粘性が低いタイプのオイルが良いでしょう。また、夏場はUVケア効果が入っているものもおすすめです。香りも色々なタイプがあるので好みで選ぶのも良いですし、分からない場合は、美容師さんに聞いていみるのも良いでしょう。

ぜひ、自分にあったオイルを選んで、日々のヘアケアに取り入れてみてくださいね!