【美髪レシピ】小松菜とひじきの塩麹炒め・さっぱりピリ辛風味

美しい髪を育むには、内側からのケア(食)がとても大切です。今回は、小松菜とミネラルたっぷりのひじき、疲労回復の豚肉を使った簡単レシピをご紹介します♪

腸内環境を整えツヤ髪を作る!小松菜とひじきの塩麹炒め

◆材料◆
2人前
小松菜・・・ 1束
ひじき・・・約50g(生でも乾燥でもOK)
豚スライス・・・約100g
鷹の爪・・・適量
にんにく・・・1片
塩麹・・・大さじ1
胡椒・・・少々

オリーブオイル・・・適量

◆作り方◆
1、小松菜は、洗い食べやすい大きさに切る。ひじきは、乾燥の場合は、水に戻しておく。豚肉は、細切りにスライスする。ニンニクは、みじん切り、鷹の爪は、種を取り輪切りにカットする。

2、フライパンにオリーブオイルをひき、にんにく&鷹の爪を入れ、香りが出るまで炒める。香りがでたら豚肉を入れ炒める。豚肉に火がある程度通ったらひじきと小松菜を入れる。*小松菜は、火が通りにくい芯の部分を最初に炒める。

3、小松菜がある程度しんなりしたら、塩麹をからめる。最後に胡椒で味付け。味が足りない場合は、醤油を少し足してもよいです。

美髪を育む食材の効果効能

ひじきには、亜鉛や鉄分、カルシウムなどミネラルが豊富で食物繊維も含まれいます。ミネラルは現代人に不足しがちな栄養素で不足すると白髪などの原因にもなります。また、ひじきは髪の源でもある腎機能を高める効果もあります。腎は生命の源で精を司るところで、髪は腎の華ともいうくらい髪の老化に関係してきます。
*主な栄養素・・・食物繊維、カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウム、ヨウ素

豚肉には、髪の主成分であるたんぱく質がバランスよく含まれ、疲労回復に効果的なビタミンB1も豊富です。また、強力な抗酸化作用のあるコエンザイムQ10という補酵素も含まれているのも特徴です。血や気の巡りをよくし、エイジング効果も高く髪の老化を防ぐ事ができます。
*主な栄養素・・・たんぱく質、ビタミンB1、コエンザイムQ10、ナイアシン、鉄分

小松菜と言えばカルシウム。ほうれん草の約3倍以上ものカルシウムが含まれています。カルシウムは吸収率を高めるためにたんぱく質やビタミンDと摂取すると良いでしょう。その他、ビタミンCやA,クロロフィル、苦み成分の一つである”イソチオシアネート”も含まれ抗酸化作用抜群の野菜です。食物繊維も含み腸内環境を整え、血行を促進効果もあります。
*主な栄養素・・・カルシウム、カロチン、ビタミンB群、C、A、イソチオシアネート、クロロフィル

塩麹は、塩と麹から作られる万能調味料の一つ。麹菌には、酵素が多く含まれアミノ酸やビタミンなどの栄養素を引き出したり、善玉菌の餌となり腸内環境を整える効果に優れています。ビタミンもバランスよく含まれまさに栄養素の宝庫です。腸内環境を整える事で、栄養素の吸収が高まるため美髪を育む事ができます。旨味成分を引き出すので素材を生かした上品な味付けをする事ができます。
主な栄養素・・・たんぱく質、脂質、炭水化物、食物繊維、ビタミンB群、ビタミンA,ビオチン、各種ミネラルなど

いかがでしたか?とっても簡単に出来て美味しいので、ぜひ食事の一品に加えてみてくださいね♪

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

パーソナルビューティープロデューサー
毛髪診断士・美容家

「美しさは健康から」
食・漢方・アロマ・ハーブを取り入れ、内側と外側から「美肌・美髪を作る」ホリスティック美容を提唱。
*美肌・美髪専門店「スキンケアサロン ティナロッサ」主宰
*ティナロ ビューティースクール主宰
*ティナロ化粧品プロデュース
*ヘアケア大学主宰

◆◆掲載・出演情報◆◆
☆東京TV なないろ日和 ゲスト出演
☆フジTV 魔女に言われたい夜 出演
☆TBS  買い物ラボ出演
☆ショップチャンネル ミッシェルメルシェブラシ ゲスト出演
☆DHC Q10ヘアカラートリートメント 通販番組出演
☆雑誌 家庭画報 美髪を求めて監修
☆雑誌 サンキュ年末年始特大号/ヘアケア特集監修
☆雑誌 ホットペーパービューティー監修
☆ニッセン秋号 ヘアケア監修
☆雑誌 Rqy 美髪の神様たち
☆雑誌 美ST/頭皮ケアで立ち上がれ!40代の髪
☆雑誌 ESSE/節約アイディアをプロが判定
☆雑誌 美的 夏のSOS監修
☆雑誌 ヘアケア最強バイブル最新版 監修
☆新日本製薬様 記事監修
☆アサヒフードヘルスケア 「彩彩せいかつ」 監修
☆TV東京国際テレビ「コンマリア~ノ女学院」
☆TV美美人カフェ 出演
☆雑誌パンプキン・美髪を作るヘッドスパ監修
その他多数